血圧@情報館



血圧のしくみについて


血圧を気にしない人はおそらく一人もいないでしょう。それほど、
私たちはという言葉をよく聞くのですが、あの二つの数値は一体
どんな意味があるのでしょう。血圧について正しい知識を知った
上で、血圧管理が正しく行えるようになりたいですね。ではまずは、
血圧の仕組みについてです。

「血圧」とは、血液が血管壁を押す力のことですが、その押す力は
心臓が働きかけているものです。では、血液と心臓の関係はどう
なっているのでしょう。心臓はポンプのように動くことで、血液に
圧力をかけることで、血液を血管に送り出すのです。送る出された
血液はまず、動脈を通リ、この際、全身の細胞に酸素や栄養分を
運んでおります。その後、静脈を通りながら、老廃物などを回収し、
きれいになった血液が再度心臓も戻ってきます。

「血圧」とは、血管を流れるときに、どのくらい血管の壁を押すか、
その力のことです。心臓から送る出される血液の量と血管の固さ
によって決まるのですが、血液の量が大きくなれば、血圧は上がり
ますし、血管が柔らかければ、、血圧はさがるのです。

ところで、血圧の上と下の数値は、いったい何を意味するので
しょう。血圧を測定すると、必ず二つの数値が記録されますね。
このいわゆる「上」は、血管が収縮したときの血圧で、最大血圧
を言われ、「下」は、この際に、拡張期血圧といって、最小血圧
を差しているのです。心臓は、収縮と拡張を繰り返すポンプと
同じ働きをしているのですから、この働きによって、血液が血管
に送り出されていますが、これは、詳しく言うと、心臓が縮んだ
ときに血液が送り出されております、

この時に最大の圧力がかかるのです。これが、最大血圧であり、
反対に、血液を送り出した心臓が、その結果、拡張した心臓は、
血圧が最小になります。これが最小血圧になるのです。

当サイトはこれからもコンテンツを随時追加していく予定です。
各コンテンツは右側のメニューからお進み頂けますので是非ご覧下さい。